猫に与えはいけない食べ物

犬と同様に猫にとっても、長ネギやタマネギなどのネギ類は危険な食べ物として知られています。ネギ類には、血液中に存在する赤血球を破壊する成分が含まれているため、万が一食べさせてしまうと、急性貧血や血尿などを引き起こす中毒状態になり、最悪の場合死に至る危険性があります。ネギ類に含まれる成分は、加熱して細かく刻まれた状態で含むハンバーグや煮汁だけでも、同様の作用があるため注意が必要です。生魚を好むイメージがある猫ですが、生の魚介類、なかでもイカの内臓に含まれるビタミンB1を分解する酵素の働きにより、ビタミンB1欠乏症を引き起こすことがあります。急性ビタミンB1欠乏症を発症すると、腰がふらついたり、歩行困難になったりするので、注意が必要です。

ぶどうやレーズンなどが犬や猫に及ぼす影響についてもよく知られています。万が一、摂取してしまうと、嘔吐や下痢、食欲不振や腹痛のほか、腎不全を発症することもあります。飼い主が食事中に、欲しがるからといってレーズンパンなどを与えるのも厳禁です。このほか、チョコレートも中毒症状を引き起こす以外にも、生卵や生の豚肉、レバーやカフェインが含まれたものなど、注意しなければならない食べ物はたくさんあります。猫によって個体差もあることから、安全、安心なキャットフードを与えることをおすすめします。その際にはローテーションフードしたり、また穀物不使用キャットフードも検討してみてください。
《関連LINK》
モグニャン|手作りレシピを厳選食材で実現!穀物不使用のキャットフード―MogNyan

エサにサツマイモは大丈夫か

人間は偏食とならないように、毎日から肉や魚、野菜などをバランスよく摂取することを心掛けています。猫はキャットフードだけで大丈夫なのか、野菜を与えなくていいのかという疑問に思う人がいます。猫は完全な肉食動物なので、野菜から栄養素を摂取する習慣がもともとありません。したがって、野菜を全く与えなくても健康上問題が生じることはないのです。逆に、野菜を消化するような消化器のつくりになっていないため、穀物類を大量に与えるとアレルギーや下痢など、健康を損なう可能性もあります。ドライフードだけでは味気ないと考えるなら、猫の体に負担をかけない程度に少量の野菜をゆでて細かく切ってあげたものであればいいでしょう。

野菜のなかでも小麦やトウモロコシと違って消化がしやすいサツマイモはおすすめです。他の穀類と比較して含まれるでんぷんの量が少なく、少量の消化酵素で分解することができます。サツマイモには食物繊維が豊富に含まれています。毛づくろいにより毛玉を飲み込んでしまって便秘になる猫がいますが、サツマイモにはおつうじをよくしてくれる働きもあるため猫のエサとしておすすめできます。サツマイモが配合すると原材料費が高くなってしまうため、一般的なキャットフードに配合されていることは少ないようです。スーパーなどで安く手に入れることができる食材のひとつなので、自宅で猫用に料理してあげるのもいいでしょう。

キャットフードの与え方

猫のエサとしてすっかり定着しているキャットフード。さまざまな種類のものが販売されていますが、人間と同じように猫もおいしさを理解して嗜好に違いがあります。第一に匂いでおいしさを判断するため、匂いが飛んでしまわないように、食べ切りサイズの缶詰やドライタイプのものも準備しておくようにすると喜びます。ローテーションフードを与えるか、同じ種類のキャットフードを与え続けるかについては、意見が分かれるところですが、猫によっては、同じタイプのものをずっと食べ続けても飽きることなく、健康上の問題も生じないこともあります。なかには、すぐに飽きてしまう猫もいるので、そんなときはドライタイプとウェットタイプをミックスする、メーカーを変えるなどして対応してあげるといいでしょう。

ローテーションフードを与える際には、いきなり全量を変えるのではなく、それまで食べていたものに別なものを少量混ぜるなどして慣れさせることが大切です。また、メーカーによって同時に栄養素の配合を研究して開発されているため、メーカーの違うものをミックスするのは避けた方がいいかもしれません。肉食動物である猫に必要となる栄養素は、水やタンパク質、炭水化物や脂肪、ミネラルやビタミンなど、人間の必須栄養素とほとんど変わることはありません。基本食としておすすめなのが、総合栄養食と表示化してあるキャットフードで、猫が必要とする栄養成分がバランスよく配合されています。